教育資金は無税で贈与できる

孫やひ孫のために教育資金を残したいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。
一般的には法律上家族であってもお金を渡すということは贈与にあたるため贈与税という税金がかかってしまうことになります。
しかし教育資金の贈与に関しては贈与税の対象外となっているため無税で贈与することが可能になっているのです。
これまでの場合ですと教育資金が必要となった時に贈与するという場合なら無税だったのですが、
前もってまとまった資金を贈与した場合は一括贈与ということになって贈与税が課税されることとなっていました。
これが平成25年の4月から一括での贈与に関しても非課税、つまり無税で贈与できるようになりました。
条件として贈与の対象となる方が30歳未満であること、最大1,500万円までであること、
信託金額などの金融機関への信託によって贈与を行うことといったものが定められています。
これまでならその都度の贈与でないと課税されていたため、生前にまとめて財産を残すことが難しくなっていました。
しかしこの一括贈与の非課税を利用すれば、生前にまとめった財産を孫やひ孫の教育資金として無税で残すことが可能になっているというわけで、今注目を集めています。

カテゴリー: 教育資金 | タグ: , , , , | コメントする

教育資金贈与で相続税対策

一定以上の財産を相続する際には相続税という税金がかかりますよね。
資産家の方にとっては非常に大きな税金となるため、多くの方は少しでも税金を減らすために生前に相続税対策をされることと思います。
その主な方法としては子や孫に財産を贈与することによって相続財産を減らすという方法です。
ただし普通に贈与すると贈与税がかかってしまうため相続税の節税にはなりません。
ですが贈与税がかからない教育資金として贈与してしまえば相続税対策として成立するわけです。
贈与であっても学校の入学金や授業料、教科書代、あるいは塾やピアノ教室などの習い事に対して支払う教育資金であれば贈与しても贈与税がかからないという特例が存在しています。
特に平成25年から変化があったのが一括贈与についてです。
それまでは資金が必要となった時点での贈与、つまり都度贈与のみが非課税の対象となっていたのですが、
平成25年4月1日からの税制改正によって前もってまとめて贈与する一括贈与の場合も非課税になるという制度が設けられました。
この制度では一人あたり最大1,500万円までの一括贈与が認められているため、
孫やひ孫などの教育資金として人数分×1,500万円の相続財産を減らすことも可能になったのです。

カテゴリー: 教育資金 | タグ: , , , , | コメントする

住宅ローンの返済と教育資金貯蓄の両立

毎月の給料から自由に使えるお金というのは限られています。
特に長い人生においてそんな家計を圧迫する支払いになってくるのが住宅ローンと教育資金です。
お子さまがいないのであれば教育資金は関係ないかもしれませんが、
お子さまがいるご家庭の場合だとこれは非常に大きな金額となります。
高校や大学では数百万単位の教育資金が必要になることから、その時に用意するというのは難しく、
お子さまが小さなうちから少しづつ貯めていくというのが一般的です。
そうなるとやはり毎月教育資金としていくらか貯蓄することが望ましいわけですが、
住宅ローンの支払いもある中で同時に貯めるのは厳しいという方も多いことでしょう。
選択肢として住宅ローンを先に繰り上げ返済してしまうという方法があります。
繰り上げ返済をしてしまえば最終的に支払うことになる利息を減らすことができるわけですから、
浮いた利息分を教育資金に回すことも可能になるというわけですね。
ただ、そもそもそんな余裕があるなら教育資金の貯蓄にも苦労しないんじゃないかという気はしますよね。
確かに繰り上げ返済をした方が効率的ではありますが、無理に繰り上げ返済をしてそんな時に急な出費があると大変です。
ですから繰り上げ返済は余裕のある時だけにして、教育資金は毎月確実に貯めておきたいところですね。

カテゴリー: 教育資金 | タグ: , , , , , | コメントする

教育資金を投資信託で

お子さんが高校、大学へと進学する際には非常に多額の教育資金が必要となります。
多くの方はお子さんが生まれてから、あるいは小さいうちからコツコツとその教育資金を貯め始めていくことと思います。
しかし、収入が十分で無い方や住宅ローンの支払いがある方にとって教育資金に回せるお金がほとんどないといういこともあるでしょう。
そのため十分な資金を準備できそうにないということもあるかと思います。
そういった場合、一つの方法として投資信託で資金を運用するという選択肢もあります。
投資信託を利用するということはつまりある程度貯めた教育資金を運用して増やそうというわけですね。
投資信託というとリスクのある商品だというイメージを持っている方も多いかと思います。
確かに投資信託というのは元本割れの可能性もあるわけですから確実に資金を増やす方法とは言いがたいでしょう。
しかし中には安定性を重視したものも多々ありますし、どれもがハイリスク・ハイリターンというわけではありません。
学資保険や定期預金などは最近だと非常に金利が低く利回りが悪いですから、
リスクがあるということを考えに入れても利回りが良く教育資金として備えるのには良いのではないでしょうか。

カテゴリー: 教育資金 | タグ: , , , , | コメントする

教育資金としての終身保険

子供の将来の教育資金を心配されている方も多いのではないでしょうか。
大学まで通わせるとなると最低でも1,000万円は教育資金として必要だと言われています。
一般的にはやはり将来の教育資金として子供が生まれた時や小さい時からコツコツ積み立てていくものです。
そこで保険を利用される方も多いと思いますが、最近は学資保険ではなく終身保険を利用する方というのも多いようです。
実際に保険会社に行くと教育資金の準備として終身保険を進められることが多くなってるようです。
終身保険とは言ってもただの生命保険ではなく、低解約返戻金型終身保険というものが教育資金の積み立てに向いているとされています。
これは保険料の払込期間中は解約時の払戻金が低く設定されているというものです。
払込期間が終了すれば通常の保険と同様の払戻金になるようになっています。
それまでは払戻金が少ない分だけ、支払うことになる保険料が少なく設定されているというのが大きなポイントです。
つまりは払戻金の利率が高いということになり、効率よく貯蓄できるというわけです。
そしてこの払込期間をお子さまが高校進学の時に併せて設定しておくことで、うまく教育資金として利用することができるのです。

カテゴリー: 教育資金 | タグ: , , , , | コメントする

相互リンクをしませんか?

[wplinkdir]

カテゴリー: 教育資金 | コメントする

サイトマップ

カテゴリー: 教育資金 | コメントする